<< 業務内容 | main | 金融商品取引法の目的 >>
金融商品取引法とは
 金融商品取引法とは、2006年度の国会で新たに成立した法律で、これまで曖昧で抜け道の多かった証券取引法や金融先物・FX(外国為替証拠品取引)などの法律を、ルールを改正して一元化した法律です。

 金融商品の取引においては大きなお金が動き、また法律の目をかいくぐって不当とも思える利益を得ていた会社もあったので、法改正の早急な必要性が求められてました。
そのため、規制や罰則の強化が盛り込まれた金融商品取引法が制定されました。

金融商品取引法では、インサイダー取引などの法律違反に対する罰則も、強化されています。

 また、株価を操作・誘導する目的で、実際の売買の意志が無いのに大量の注文を入れる行為(いわゆる「見せ玉」)についても、刑事罰や課徴金の対象となるように改正されました。

そのため、今まで以上に今後は金融コンプライアンスが非常に重要となっていくものと予想されます。
コメント
コメントする