EDINET提出代行(大量保有報告書・有価証券報告書)


EDINET提出の労力・コストを大幅に削減!有価証券報告書、大量保有報告書の作成、提出は行政手続のプロの行政書士事務所へ!


<EDINET提出代行サービスのご案内>

 有価証券報告書、 大量保有報告書、訂正報告書・届出書等の法定開示書類については、「証券取引法の一部を改正する法律」により、金融庁のEDINET(エディネット:『金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム』)に電子データの提出をしなければいけません。


  このEDINETへの法定開示書類の提出は企業のコンプライアンス対応の1つとして大変重要な作業で、面倒くさいからやらないわけにはいきません。


  しかしながら、EDINETは基本となるマニュアルだけでも400ページもあり、担当の財務局も一から丁寧に教えてくれるわけではなありません。役所的には基本的には「EDINET登録のマニュアルがあるから、それを見て自分で登録しなさい」というスタンスです。

 そのため、専門知識のない企業様にとって、このEDINET登録という作業は1からやると大変労力のかかるものであることも事実です。

  しかも、金融商品取引法の改正によって、例えば大量保有報告書の提出義務が発生した場合、その翌日から5営業日までがEDINETへ提出の締め切りとなります。遅れた場合、課徴金の対象となることもあります。課徴金の額も軽くはなく、大量保有報告書の提出義務を怠った場合、課徴金の額は、「大量保有報告対象株券等の発行者が発行する株券等の時価総額の10万分の1」となっています。

 すなわち、非常に手続きが難しいにもかかわらず、時間がないため短期間に提出をしないといけない手続きのため、「担当者が一生懸命頑張っても手遅れになりやすい手続きである」といえます。

  そこで、当事務所が御社に代わり、大量保有報告書等の法定開示書類のEDINETの提出代行を行います。

 手続の流れ等、担当者が詳しくご説明いたしますので、まずはお電話下さい。


<参考:EDINETによる提出が必要な書類>

「有価証券報告書」、「四半期報告書」、「半期報告書」、「有価証券届出書」内の財務データ

・貸借対照表  ・損益及び余剰金計算書
・キャッシュフロー計算書  ・株主資本等変動計算書

※キャッシュフロー計算書、株主資本変動計算書は企業財務諸表のみ

大量保有報告書(提出期限 5営業日以内)

M価証券届出書

つ正有価証券届出書

セ揚彰報告書(提出期限 当該各期間経過後45日以内)

θ彰報告書(提出期限 当該各期間経過後3ヶ月以内)

有価証券報告書(提出期限 当該事業年度経過後3ヶ月以内) 

 

<こんな方におすすめします!>

EDINETの提出方法を調べたけど、大量保有報告書の様式すら見つからず、どうしたらいいかわからない。

・大量保有報告書の提出期日まで時間がないのに、どこに相談したらいいのかわからない。

・大量保有報告書を自社で提出しようと試してみたけどエラーだらけで登録できない。

・大量のマニュアルはあるけれど、難しすぎて理解できない。また、自社に必要な情報がどこにあるかわからない。

・大量保有報告書の提出が遅れて課徴金の対象になってしまった。




<EDINET提出代行サービス>

1.EDINET提出代行コース:10万円〜

・大量保有報告書、有価証券報告書等の書類の作成、登録、公開手続をスピーディーに行います。

※EDINET番号の登録手続や旧番号との統合手続の代行が必要な場合等は料金が加算されます。逆に、複数のEDINET登録手続や継続的に登録手続をご依頼の場合は、料金を減額いたします。



2、行政書士による法令チェックサービス:3万円〜

・EDNETによる提出義務のある書類が金融商品取引法等に違反していたり、書類に不備がないかをチェックいたします。

 

※なお、1部の会社が

 
EDINET提出代行のご依頼・お問い合わせは・・・・・・


TEL:06−6375−2313  

フロンティア総合国際法務事務所 許認可事業部 


まで!

 

→EDINETの提出代行についての詳しい情報はEDINET提出代行